風俗で激しいエッチなプレイをされたときの体験談です。

風俗でアナルを開発された

ピンクローターを入れてきた風俗嬢

投稿日:2017年10月22日

家に着たらすぐにエッチなプレイができる風俗嬢を派遣してほしいとデリヘルに頼んでみた。いつもなら挨拶をしてからプレイ内容等を説明されて無駄に時間がかかっていたから、今回は時間を無駄にせず初めからエッチなプレイをしたかった。無理なお願いだとは思ったけど一応デリヘルに頼んでみたら、ピンクローターのオプションだけ追加してくれと言われた。なんで、ピンクローターを追加するのかよくわからなかったけど約束の時間まで待ってみた。すると、家に来た風俗嬢がいきなり俺に抱き着いてきて何度もキスをしてきた。いつもならこんなに積極的じゃないのになぜこんなに積極的にしてくれたのか謎だった。でも、彼女のアソコから機械音が聞こえたのですぐに彼女がエッチモードに入った原因が分かった。彼女は初めからアソコにピンクローターを入れてきて、エッチモードが前回になっていた。だから、玄関先なのに激しく俺の事を求めてくれてかなり気持ちがいいプレイを堪能できた。

バイブで攻めたら風俗嬢がイッた

一般の男性が風俗嬢とエッチなプレイをするとき普通に攻めてもなかなか感じてもらえない。たぶん、感じている演技をして喘ぎ声っぽい声を出すとは思うけれど、勘の鋭い人ならすぐに演技だと気づいてしまう。自分が一生懸命攻めているのに演技で感じたふりをされてしまうと結構傷つくし、演技をやめるようにお願いすると全く感じてもらえないためそれでもまた傷ついてしまう。普通に攻めても感じてもらえないなら道具に頼るのが手っ取り早いので、今回はデリヘルを頼むときにバイブのオプションをお願いしてみた。そして、デリヘルから派遣されてきた風俗嬢とシャワーを浴びてからシックスナインでお互いの感情を高ぶらせて、俺は彼女のアソコにバイブをゆっくり挿入した。初めは軽く出し入れをして彼女の反応を見ていたのだが、かなりいい感じになっていてアソコからトロトロした汁が溢れ出た。さらに激しく動かしてからバイブにスイッチを入れると、今まで見たことがないような喘ぎ声を出し始め大きく仰け反ってイッていた。